生活スタイルで選ぼう|プチプラコスメを使ってお洒落を楽しもう「お肌のケアも忘れずに!」
化粧品

ビタミンc誘導体の化粧水を使うときは生活スタイルに合わせよう

生活スタイルで選ぼう

女の人

時間をかけてケアをしたい人

肌の悩みが人によって違うように、スキンケアの方法も人によって違います。時間をかけて、肌の手入れをしたいという人は化粧水・乳液・美容液のように基本的な三つを使ってスキンケアを行なってみましょう。ビタミンc誘導体や美容保湿成分が含まれている化粧水だけではなく、同じような成分が含まれている乳液や美容液を使うことで効果を高めることができると言われています。じっくりと時間をかけてケアをすることで、肌に浸透しやすくなるため気になっていた肌トラブルの改善にも役立つでしょう。

時間をかけずに手早くスキンケアをしたい人

スキンケアに時間をかける暇は無いが、将来のためにもしっかりとケアをしたいという女性はオールインワンタイプのスキンケア用品を使ってみましょう。オールインワンタイプなら、化粧水・乳液・美容液の三つが一つになっているため手早くケアをすることができます。みずみずしいジェルタイプならベタつきなどを気にせずに使うこともできるため、さらっと使いたい夏場にも最適です。オールインワンタイプには、即効型ビタミンc誘導体や持続型ビタミンc誘導体が含まれているため時間をかけなくてもしっかりとケアすることができるでしょう。

嬉しい美容成分

no.1

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、潤いとハリのある肌を維持するためには欠かせない美容成分です。低分子ヒアルロン酸は肌内部の水分量をキープする働きがあり、高分子ヒアルロン酸は肌を守る機能を高めることができます。

no.2

ビタミンc誘導体

ビタミンc誘導体にはシミの原因になるメラニンの分泌を抑制することができ、肌の新陳代謝を促す作用があります。そのため、美しい肌を作るためには必要不可欠な美容成分なのです。

no.3

大豆エキス

大豆エキスは、加齢と共に減ってしまうヒアルロン酸を活性化させる役割があると言われています。その他にも、皮脂分泌量を正常な状態に保つことができるため潤いのある肌になることができます。

no.4

カンゾウ葉抽出エキス

カンゾウ葉抽出エキスには、コラーゲンの生成や紫外線によるダメージを回復する効果があります。そのため、紫外線の影響で肌機能が弱っている場合に役立つと言われています。

no.5

バラエキス

見た目も美しいバラですが、バラから抽出されるエキスには高い抗酸化作用があるため老化の原因となる活性酸素を取り除くことができます。活性酸素を減らすことで、若々しい肌をキープすることができます。

肌質で化粧水を選ぼう

乾燥肌

乾燥が気になるという女性は、肌の保水力を高める作用のある化粧水を選びましょう。・セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などが含まれている化粧水は保湿効果もあるため、乾燥肌に最適と言われています。

脂性肌

顔のテカリが気になるという人は、収れん化粧水を使ってみてください。収れん化粧水に含まれている成分が、過剰な皮脂の分泌を抑えてくれるためテカリを防ぐことができます。

敏感肌

肌が敏感な人は、肌に優しい成分が含まれている化粧水が最適です。刺激の強い成分が入っていると、肌荒れの原因になってしまう可能性があるため注意しましょう。敏感肌の人も保湿ケアをしっかり行ないましょう。

広告募集中